×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




AFP資格取得試験 その2

AFPの取得のためには日本FP協会、もしくは金融財政事情研究会で実施される2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験を受験しなければなりません。
しかし、2級FP技能検定試験には受験資格があるので注意が必要です。

2級FP技能検定試験資格は下記の条件のうち、1つでも当てはまっていなければなりません。
・実務経験が2年以上ある人
・金融財政事情研究会実施の3級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定試験合格者(日本FP協会には3級FP技能試験はありません)
・日本FP協会の認定するAFP研修の修了者

試験のために通学や通信教育などでAFP研修を修了している人は、試験の合格後、日本FP協会に登録しAFPの資格を得ることができます。
AFP研修が済んでいない人は、試験合格後にAFP研修を受け修了すればAFPとして登録できます。
AFPは日本FP協会の資格ですので、AFP研修を受講していなくても、2級FP技能検定試験に合格すれば2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士です。
AFPに登録すれば、AFPと2級FP技能士、2つの資格を得ることになります。

ファイナンシャル・プランナーの資格には日本FP協会・金融財政事情研究会、それぞれの資格があるので注意が必要です。
日本FP協会の資格はCFPとAFPの2種類です。
金融財政事情研究会の資格は1級・2級・3級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士の3種類になります。



Copyright (C) AFP資格試験取得の手引き. All Rights Reserved.